網入りガラス

【網入りガラスGuide】

網入りガラスは防火用

網入りガラスと聞くと「アレのことかな?」と思い浮かぶくらい、網入りガラスは私達の生活でよく見かけるものです。

よく見かけている場所は、きっと商業施設の窓や、一般住宅の玄関やお風呂の窓などが多いのではないでしょうか。

 

網入りガラスというと、なかなか割れにくく、割れたとしてもガラスが飛び散りにくいといった特徴がよく知られています。

確かに普通のガラスと比べると、強度はかなり高いようです。

網入りガラスは、中に網上の鉄線が入っているためです。

 

しかし防犯用と思われるこの網入りガラス、実は防火用として使われるガラスだそうです。

 

防火地域や準防火地域とよばれる場所では、消防法や建築基準法において、網入りガラスの使用が義務となっています。

火災が起きて窓のガラスが飛び散る事がないため、延焼の予防になるということです。

 

しかし、網入りガラスの中の鉄線は、当然ながら年月の経過とともに錆びつき、美観を損ねるということを覚悟しておく必要があるといいます。

美観を主張しても、消防法や建築基準法で定められているので通常のガラスを使うこともできませんし、仕方なくというケースも少ないとは言い難いかもしれません。

 

しかし最近では、建築基準法に合格するほどのワイヤレスタイプの防火ガラスも出てきているとのことですから、網入りガラスもそう遠くない時期に姿を消してしまうかもしれないですね。